グルコサミンの副作用とアレルギーについて

関節痛の緩和に効果が期待できるグルコサミンは、サプリメントでの摂取が最も確実で手軽な方法ですが、サプリメントと聞くと、

「安全に続けられるの?」

「副作用やアレルギーがないか不安…」

と感じる方も少なくないですよね。

グルコサミンは元々人間の体内にある成分なので、比較的安全性の高い成分だと言われています。

そのため、グルコサミンそのもので重大な副作用は起こりにくいのですが、グルコサミンをサプリで摂取していく際には原料によってはアレルギーを引き起こす可能性や、特定の薬との飲み合わせが危険だという指摘もあります。

健康のためにと思って始めるグルコサミンサプリですから、より安全に、安心して使い続けていきたいですよね。

具体的にどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

グルコサミンの副作用やアレルギーについて、その全てを解説します。

グルコサミンの副作用と過剰摂取について

グルコサミンは、関節痛に悩む人ならぜひ摂り入れたい成分の一つです。

しかし、食品から摂取できる量は少ないので、グルコサミンを摂りたい場合はサプリメントでの摂取が一般的に広く知られている方法です。

では、1日にたくさん摂れば、それだけ早く大きな効果が期待できるかというとそうではありません。

グルコサミンには深刻な副作用はありませんが、過剰摂取によって胃腸の調子を悪くする恐れがあるので、注意しましょう。

グルコサミンの1日の摂取量は、体重が54kg以下の人は1000㎎、54㎏以上の人は1500㎎が目安だと言われています。

基本的にこの量を守っていれば大きな問題は起こらないと考えられますが、高い効果を期待しての過剰摂取は、胃痛や下痢、吐き気、胸やけなどを引き起こす可能性があります。

また、グルコサミンに限らずサプリメントの過剰摂取は、それを分解・吸収する内臓に負担をかけてしまいます。

例えば、サプリメントには多かれ少なかれ添加物が必ず使われていますが、その添加物は肝臓で分解されるので、サプリメントを摂りすぎると肝臓に負荷がかかります。

実際に、ビタミン剤などと一緒にグルコサミンサプリを摂取していた人が、肝障害を起こしたという事例もあります。

この事例はさまざまな要素が絡み合って起こったものなので、グルコサミンそのものが原因というわけではありませんが、私たちの体の処理能力には限界があるので、特定の栄養やサプリメントの摂りすぎは、肝臓をはじめとする内臓に負担をかけてしまうことが考えられます。

グルコサミンサプリを摂取する際は、適量を守って使っていきたいですね。

グルコサミンサプリはアレルギーがある人・薬を服用中の人・糖尿病の人は注意が必要

グルコサミンは、成分そのものは比較的安全ではありますが、甲殻類アレルギーの人や別の薬を服用中の人は注意が必要です。

グルコサミンサプリを摂取するとき、具体的に気を付けることをまとめてみました。

甲殻類アレルギーの人

グルコサミンサプリに使われているグルコサミンは、甲殻類の殻から抽出したものを使用しているサプリがほとんどです。

原料として甲殻類が使われているので、甲殻類アレルギーの人はじんましんなどの症状が出ることがあります。

また、ひどいときには「アナフィラキシーショック」を起こしてしまうことも考えられるので、甲殻類アレルギーの人は使用前に原料をきちんと確認しましょう。

最近では、トウモロコシを原料に使った植物性グルコサミンを配合したサプリメントもあるので、アレルギーで困っている方はそちらを使うといいですよ。

特定の薬を服用中の人

ワルファリンなどの抗凝固薬を服用中の人も注意が必要です。

抗凝固薬とは、血液を固まりにくくするための薬で、血管塞栓症などの治療に使われることがあります。

グルコサミンや、グルコサミンサプリによく配合されているコンドロイチンは、この抗凝固薬の作用を強めてしまう恐れがあります。

抗凝固薬の作用が強まると出血を引き起こす可能性があり、大変危険です。

ワルファリンなどの薬を服用中の人は、グルコサミンサプリを使用する前に必ず担当のドクターに確認をしてくださいね。

糖尿病と診断されている人

糖尿病や糖尿病予備軍と診断されている人は、グルコサミンサプリ服用前にお医者さんに相談する必要があります。

グルコサミンと糖尿病の関係はまだ研究段階の分野なので、はっきりとしたことは分かっていませんが、血糖値をコントロールするインスリンの効果をグルコサミンが弱めてしまうということが、いくつかの論文で指摘されています。

また、グルコサミンは血糖値やコレステロール値、血圧などにも影響を与える可能性があるとも言われています。

糖尿病の人でも血糖値のコントロールがうまくいっている場合、1日の目安摂取量である1500㎎程度であればグルコサミンの摂取は問題ないとも言われていますが、自分では判断せず、お医者さんの指示のもと服用を決めたほうがいいです。

まとめ

グルコサミンは軟骨の再生を助けて、関節痛を緩和する効果が期待できる成分です。

元々人間の体内にある成分なので基本的に副作用はないと言われていますが、高い効果を期待しての過剰摂取は胃腸の調子を悪くしてしまうことがあります。

また、アレルギーや糖尿病などの持病や、薬の飲み合わせによっては危険な症状を引き起こす可能性も指摘されているので、お医者さんに相談するなど注意が必要です。

グルコサミンサプリを服用する際には、自分の体調と相談しながらサプリの用法用量を守って服用し、安心して関節の健康を守っていきたいですね。