グルコサミンサプリの飲むタイミングと正しい飲み方

グルコサミンは、関節の痛みを和らげる効果があるとしてよく知られています。

関節痛に悩んでいる人にとっては積極的に摂りたい成分ですが、グルコサミンは食品などから自然に摂ることが難しいので、グルコサミンサプリでの摂取が一般的な方法です。

サプリメントは日本ではまだあまり馴染みがないので、

グルコサミンサプリに正しい飲み方ってあるの?」

と疑問に思う方も少なくないかもしれませんね。

グルコサミンサプリは薬ではないので、飲む時間やタイミングが厳格に決められているものではありません。

ただ、飲み方や飲むタイミングを気を付けるだけで、より効率よく成分を摂り入れることができるんです。

また、逆に効果が出にくくなる恐れのある飲み方もあります。

ここでは、グルコサミンサプリの適切な飲み方とグルコサミンサプリを摂る際の注意点について解説していきます。

グルコサミンサプリを飲むタイミング

グルコサミンサプリは、基本的にはメーカーが定めた使用方法があればそれに従い、なければ飲む時間帯や飲むタイミングなどは自分で決めていいです。

サプリメントは小さな粒状のものが多いので、外出先でも摂取しやすく自分のライフスタイルに合わせやすいのは嬉しいですね。

しかし、飲み方は自由だと言われても、ある程度の飲み方の目安や、より効果の高い飲み方が知りたいとも思いますよね。

グルコサミンサプリを服用するタイミングとしては、より効率よく成分を摂取したいと思うなら、食後に飲むのがおすすめです。

食後にグルコサミンサプリを飲むと、成分が食べ物と一緒に消化・吸収されるのでスムーズに体内に摂り入れることができます。

食前だと胃に負担をかける可能性もあるので、そういう意味でも食後が望ましいでしょう。

また、1日分を一度に摂るよりも、数回に分けて摂取したほうが体内に長い時間グルコサミンが残るので、より効果が高いと言われています。

習慣化して飲み忘れを防ぐという意味でも、食後、1日3回に分けてサプリを飲むのがいいかもしれませんね。

グルコサミンサプリの正しい飲み方

グルコサミンサプリの正しい飲み方は、適量を守って服用することと、水かぬるま湯で飲むということです。

グルコサミンは、1日の摂取量が1000㎎~1500㎎とされています。

摂りすぎによって重篤な副作用が出ることはありませんが、過剰摂取によって胸やけや下痢、胃痛などを引き起こす可能性もあります。

ですから、メーカーに定められた用法用量を守ることが大切なのです。

グルコサミンにはコンドロイチンやコラーゲンなど相性が良いとされる成分があるため、他社のサプリと併用したいと思うことがあるかもしれません。

基本的に相性が良い成分ならばグルコサミンサプリに同時配合されていることも多く、1日の摂取量の範囲を超えなければ問題は起こりにくいと考えられます。

グルコサミンサプリを併用する場合は、1日の摂取量に気を付けて摂取するようにしましょう。

また、食後にサプリを飲む場合、ついつい食後のコーヒーや緑茶などと一緒に飲みたくなってしまいますが、コーヒーなどに含まれるカフェインはグルコサミンの吸収を妨げてしまいます。

きちんと効果を得るためにも、実際にサプリを飲むときには水かぬるま湯で飲むようにしてくださいね。

グルコサミンと相性のよい成分・悪い成分とは?

グルコサミンは関節痛の緩和に効果が期待できる成分ですが、その効果をより高める相乗効果のある成分が存在します。

逆に、相性が悪く飲み合わせには気を付けたい成分や薬もあります。

グルコサミンサプリの中にはそのような相性の良い成分を一緒に配合しているものもあるので、サプリを選ぶ際の参考になるよういくつか紹介していきますね。

グルコサミンと相性の良い成分

コンドロイチン

コンドロイチンはグルコサミンと非常に相性の良い成分で、一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

グルコサミンは軟骨の再生や修復を促す働きがありますが、コンドロイチンも軟骨に働きかけ、強化したり弾力性を高めたりしてくれます。

グルコサミンが作り出した軟骨をコンドロイチンが強化し、より壊れにくい軟骨にしてくれるのです。

またコンドロイチンは、軟骨内で水分を抱え込む働きがあるので、コンドロイチンを摂ることで軟骨のクッション性を高め、関節の痛みを和らげスムーズに関節を動かす手助けをします。

グルコサミンとコンドロイチンはどちらも関節痛の緩和に効果が高い成分なので、関節痛に悩んでいてサプリの購入を検討されている方は、どちらも配合されているものを選ぶといいかもしれませんね。

コラーゲン

コラーゲンは軟骨を構成する成分のひとつで、こちらもグルコサミンと相性の良い成分としてよく挙げられます。

軟骨の約20%はコラーゲンでできているので、コラーゲンを摂ることは関節の健康にも効果があると言われています。

ただ、普通のコラーゲンでは分子が大きく吸収するときにはアミノ酸となり、体のさまざまな部分に使われることが多いため、必ずしも関節に効果を発揮するとは言い切れないところがあります。

しかし最近では、直接関節に作用する「非変性Ⅱ型コラーゲン」というものが注目されています。

この「非変性Ⅱ型コラーゲン」は、軟骨を構成するコラーゲンとほぼ同じ構造のため、体内に摂り入れたときに直接関節に送り込まれる可能性が高く、関節の悩みに効果が期待できる成分です。

普通のコラーゲンを摂るだけでも美容や健康には良い面がたくさんありますが、特に関節の悩みを改善したい方は、非変性Ⅱ型コラーゲン配合のサプリを選ぶのもいいでしょう。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸と聞くと美容効果が高い成分という印象が強いですが、実は関節にも関係のある成分のひとつです。

ヒアルロン酸は、関節内部を満たす滑液という液体を構成する成分で、軟骨と同様に関節のクッションとしての役割を担っています。

関節痛の治療のために行われる関節への「ヒアルロン酸注射」は、よく耳にするかもしれませんね。

ヒアルロン酸注射は、関節へ直接ヒアルロン酸を注入することで、関節のクッション性を高めて痛みを和らげるという治療法です。

経口摂取の場合は注射ほどの効果は見込めませんが、関節や肌など全身のあらゆるところに行き渡るため、美容対策もしながら関節対策もできます。

関節の悩みもありつつ、でも肌の乾燥なんかも気になる…という方には、特におすすめの成分です。

MSM(メチルサルフォニルメタン)

あまり聞きなれない成分ですが、MSM(メチルサルフォニルメタン)も関節痛の緩和にはおすすめの成分です。

このMSMは、抗炎症作用や鎮痛作用、抗酸化作用があり、関節や膝の痛みの軽減に優れた効果が期待できると言われています。

グルコサミンやコンドロイチンのように軟骨に直接作用するわけではありませんが、グルコサミンが軟骨を再生するまでにはある程度の時間が必要なので、関節痛の緩和の効果が出るまでには時間がかかります。

しかしMSMには、抗炎症作用や鎮痛作用などの効果があるので、現在痛みに悩んでいるという方にとっては摂り入れて損はない成分かもしれませんね。

MSMは有機硫黄化合物というミネラルの一種なので、穀物や牛乳などにも含まれる安全な成分です。

サプリを選ぶ際に、品質と用法用量に注意すればより安心して使えるので、ふしぶしの痛みを抱えている方はMSM配合のサプリに注目してみてくださいね。

グルコサミンと相性の悪い成分

カフェイン

コーヒーに含まれることで有名なカフェインは、鉄分などの成分やミネラルの吸収を阻害してしまいます。

グルコサミンも例外ではなく、カフェインとグルコサミンを同時に摂ると成分が吸収されにくくなり、グルコサミンの効果を低めてしまうことに繋がります。

グルコサミンサプリを服用する際は、カフェインの入っている飲み物は避けましょう。

コーヒーだけでなく、緑茶や紅茶、ウーロン茶、栄養ドリンクにもカフェインは含まれています。

緑茶の中でも、玉露に含まれるカフェインの量はコーヒーよりも高いので、サプリを服用する際には注意が必要ですね。

グルコサミンのサプリを飲むときには、水かぬるま湯で飲むことを心がけましょう。

抗凝固薬(ワルファリンなど)

ワルファリンなどの抗凝固薬を服用している方は、グルコサミンサプリの摂取には注意が必要です。

抗凝固薬とは血液を固まりにくくする薬のことですが、グルコサミンはこの効果を促進する作用があるので、血が止まらなくなったり、出血したりする恐れがあります。

抗凝固薬を普段から服用している方は、グルコサミンサプリの併用は控えるようにしてくださいね。

その他

他にも、甲殻類アレルギーの人や糖尿病の人がグルコサミンサプリを使用するときには注意が必要です。

グルコサミンサプリを製造する原料としてエビやカニの殻が使われていることが多いので、甲殻類アレルギーの人はアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

サプリを使用するときには、必ず原料を確認するようにしてくださいね。

また、糖尿病の人はグルコサミンが血糖値やコレステロール、血圧などに影響を与える可能性があると言われています。

詳しいことはまだ分かっていませんが、糖尿病の人でグルコサミンサプリを使用したい場合は必ずかかりつけのお医者さんに確認するようにしましょう。

まとめ

関節痛に悩んでいるなら積極的に摂りたい成分のひとつであるグルコサミン。

食品から自然には摂りにくいため、関節痛に効果を期待するならグルコサミンサプリでの摂取が手軽で量も安定して摂れるので、一般的によく選ばれる方法です。

グルコサミンサプリは基本的に飲み方が決められているものではないので、自分のライフスタイルに合わせて飲むことができるのは嬉しいですね。

しかし、成分を効率よく吸収したいと思うのであれば、食後、1日3回に分けて飲むのが望ましいです。

グルコサミンサプリは毎日続けることが大切なので、食後3回で習慣化すると飲み忘れも防ぐことができていいかもしれません。

また、グルコサミンは1日の摂取量が決まっていて、あまりにも摂りすぎると胸やけなどを起こすこともあるのでメーカーの用法用量は守ることが大切です。

実際にサプリを飲む際には、飲み合わせによって効果が阻害される可能性もあるので、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

他にもグルコサミンには、同時に摂ることでより関節の悩みを改善できる相乗効果のある成分や、逆に相性が悪い成分や薬などもあるので注意が必要です。

特に、グルコサミンと相性の良いコンドロイチンやコラーゲンなどは軟骨にも深く関わる成分なので、ぜひ同時に摂ることをおすすめします。

グルコサミンサプリを選ぶ際には、自分の体調や悩みなどを確認した上で、自分に合った成分が配合されているかどうかを基準にするといいかもしれませんね。