ケルセチン配糖体サプリにはダイエット効果が期待できるって本当?

ケルセチン配糖体サプリにはダイエット効果が期待できるって本当?

「ケルセチン配糖体サプリは、血中のコレステロールを下げるだけではなく、内臓脂肪も低減させる効果が期待できる」とされていますが、ケルセチン配糖体は本当にダイエットに効果が期待できるのでしょうか。

その真偽を探るべく、ケルセチン配糖体とダイエットの関係について調べてみました。

ケルセチン配糖体とは?

ケルセチンはポリフェノールの1種で抗酸化作用があり、主にタマネギの皮に多く含まれている黄色っぽい色をした成分です。

ポリフェノールというと、抗酸化作用やアンチエイジングなどの作用を思い浮かべる方も多いと思いますが、まさに美容の面でも定番となっている成分の一つといえます。

他に、血液のめぐりをよくしたり、脂肪分解などのダイエット効果もあることで知られているのです。

ケルセチン配糖体のダイエット効果とは?

ケルセチン配糖体のダイエットに関する効果としては、

  • 血液のめぐりを良くする
  • 抗酸化作用による体の錆びつきの改善
  • 脂肪分解の促進

上記のようなものがあります。中でも、脂肪分解効果に関しては、脂肪を燃焼しやすくしてくれるので、直接ダイエットと関係してくる部分です。

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

血液のめぐりを良くする

私たちが脂分やコレステロールの高いものを摂りすぎると、血中にコレステロールが流れていき、活性酸素の働きによって詰まっていきます。

こうなると肌や体の不調の原因になるばかりではなく、動脈硬化などの病気をも引き起こしかねないのです。

ケルセチン配糖体は、血中にたまった中性脂肪やコレステロールを排除し、血液をスムーズに流れやすくしてくれるする作用があるのです。

血中中性脂肪が低減すれば血液がキレイになり、必要な部分に必要な成分が行きわたりやすくなり、肌や体の健康に繋がってきます。

基礎代謝も上がるカロリーも燃焼しやすい体になるので、年齢を感じさせずに若々しくいる、ということも可能なのです。

抗酸化作用による体の錆びつきの改善

ケルセチン配糖体は、ポリフェノールの1一種で高い抗酸化作用があることで有名です。
なんと、その抗酸化作用は防腐剤としてよく用いられるビタミンEの約10倍。

活性酸素が細胞を傷つけて、酸化させるのを防いでくれるので、ダイエット中でもキレイでいたいという方の味方になる成分です。

脂肪分解の促進

ケルセチン配糖体が、どのように体脂肪を分解するのかのメカニズムは、サントリーが実験で明らかにしています。

ケルセチン配糖体を配合した飲料を飲ませるグループと、ケルセチン配糖体を配合していない飲料を飲ませるグループに分けて12週間実験したところ、内臓脂肪や皮下脂肪が減少した、という結果が出たそうです。

なぜ、ケルセチン配糖体を含んだものを飲むと減少したかというメカニズムについて詳しく説明していきます。

まず、私たちがケルセチン配糖体を摂取すると、小腸でケルセチンとして吸収されます。ケルセチンは脂肪組織の脂肪分解酵素である、ホルモン感受性リパーゼの活性化をして、脂肪分解を促進してくれる、とされています。

そのため、脂肪分解に効果を期待でき、ダイエットにも非常に有効な手段の1一つだとされているのです。

このようにケルセチンには、様々な角度からダイエットをサポートしてくれる効果があるのです。

またその他にも、ケルセチン配糖体にはビタミンCの働きをサポートしてくれる作用もあるので、「ダイエットはしたいけど肌に影響させたくない」という美容を気にする方にも、ケルセチン配糖体は欠かせない成分といえそうです。

ケルセチン配糖体を摂取する方法とは?

ケルセチン配糖体を摂取する方法は主に3つあります。

玉ねぎを食べる

ケルセチンは玉ねぎに豊富に含まれていますので、玉ねぎを毎日食べるという方法が最も効果を得やすいです。

ケルセチンは油で炒めるとより吸収率が上がりるので、摂取する際は生よりも油に通して食べるようにすることをおすすめします。

お茶で手軽に補給する

毎日玉ねぎを食べるなんて無理という方がほとんどだと思います。そんな中で手軽に補給できる方法が、お茶からの摂取です。

ペットボトルのお茶であれば、オフィスや学校、外出先などいつでもどこでも摂取できますし、コスト面でも継続しやすいですよ。

私がケルセチン配糖体配合のお茶でおすすめしたいのは、「伊右衛門 特茶」です。

500 mlにケルセチン配糖体が110mg入っていますし、1日350ml~500 mlが摂取目安なので、水分をあまりとらないという人でも問題ない量だと思います。

さらに、カテキンも豊富に含まれていているので、ケルセチン配糖体の抗酸化作用を促進してくれます。

実際の味は、一般のお茶と変わらない程度の苦みなので、飲みにくいということもないかと思います。

スーパーやコンビニなど、全国どこでも購入できるので、玉ねぎを食べる代わりに試してみてはいかがでしょうか。

商品名 伊右衛門 特茶(特定保健用食品)
販売会社名 サントリー株式会社
価格 170円(税抜)
内容量 500ml
成分(500ml当たり) たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 0g、ナトリウム 20mg、カフェイン 90mg、カテキン 230mg、ケルセチン配糖体(イソクエルシトリンとして) 110mg

ケルセチン配糖体サプリは手軽で強力にダイエットをサポートしてくれる!

ケルセチン配糖体サプリは、手軽で強力にダイエットをサポートしてくれる!

ケルセチン配糖体がいくらダイエットに効果を期待できるとはいえ、毎日玉ねぎを食べることは難しいですし、そもそもケルセチン配糖体は玉ねぎの実の部分よりも皮の部分に豊富に含まれています。

普段から玉ねぎの皮の部分を食べるのは、なかなか難しいですよね。

しかし、それでもケルセチン配糖体を摂取したいという場合に、有効なのがサプリメントです。

おすすめのケルセチン配糖体サプリ

ケルセチン配糖体サプリの中でもおすすめしたい商品が、原料の玉ねぎにこだわって作られた、「タマネギの力」です。

原料の玉ねぎは国産玉ねぎを100%使用しています。まるごと皮まで使うものだからこそ、安心と安全にこだわって作られています。

他にも、ケルセチン配糖体の他に、シクロアリインという血中中性脂肪やコレステロールを抑える働きをする成分を配合しています。

シンプルにケルセチン配糖体とシクロアリインでできていて、1回約3キロカロリーほど、ダイエットを考えている方にもありがたいサプリなので、ケルセチン配糖体の効果を知りたい方は試してみてもいいかもしれませんね。

タマネギの力

出典:公式
商品名 タマネギの力
販売会社 ハウスウェルネスフーズ株式会社
内容量 90粒(約30日分)
価格 4762円(税抜)
公式URL https://www.house-direct.jp/product/tamanegi

サプリであればお茶よりも楽に摂取できますし、ケルセチン以外の良い成分もたくさん摂れるのが魅力ですね。

ケルセチン配糖体サプリを飲むベストタイミングは?

基本的には、ケルセチン配糖体サプリは通常の玉ねぎと同じ食品の扱いですので、いつ摂取したとしても構いません。

ダイエット目的であれば、血中の中性脂肪やコレステロールが増える食事を摂る前がいいでしょう。

中でも、吸収率がいいのは朝起きてからの空腹時ですので、朝食前にケルセチン配糖体サプリを摂取するのが一番効果的といえそうです。

あるいは、飲み会や夕食など、少し食べすぎるかもしれないというシーンの前に飲むことも効果的だと言えます。

ただし、ケルセチンは体内に蓄積させることができないため、不要な分は体外に排出されてしまいます。なので、毎日しっかりと補うためにも、自分が継続的に摂取し続けられるタイミングで摂取することがベストともいえます。

まとめ

ケルセチン配糖体は、中性脂肪を分解する効果が期待できることが分かりました。しかし、その効果は限定的で、継続的に維持するためにはサプリを飲み続けないと意味がありません。

加えて、サプリだけに頼り切らずに、運動をしたりバランスのいい食事を心がけるなどの通常のダイエット策と並行して続ける必要があります。

食事や運動を含めた総合的なダイエットプランを立て、無理のないダイエットをするようにしましょう。