ケルセチン配糖体サプリは血液をサラサラにする効果が期待できるって本当?

ケルセチン配糖体というと、玉ねぎに含まれるポリフェノールの1種であることは有名ですが、血液をどのようにサラサラにするのか、そのメカニズムを知っている方は多くないはずです。

そこで今回は、ケルセチン配糖体をがどのように血液をサラサラにしてくれるのかについて調べてみました。

ケルセチン配糖体って?

ケルセチン配糖体はポリフェノールの1種であり、体への吸収率を高めるために「ケルセチン」に糖がくっついたものです。

主に玉ねぎの皮に含まれており、脂肪分の分解酵素であるリパーゼを活性化し、脂肪分を分解して体脂肪を減らすのを助ける働きがあります。

よく「ダイエットには玉ねぎがいい!」などとテレビでも言われていますが、その根拠としては分解酵素を活性化してくれることにあったのです。

ケルセチン配糖体はなぜ血液をサラサラにするの?

私たちが脂を摂ると小腸から吸収され、余分な分は体内に入って中性脂肪となります。

中性脂肪となった後は血液によって全身に運ばれていきますが、この血中中性脂肪が多すぎると血液が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるのです。

そんな血中中性脂肪を減少させてくれる働きがあるのが、ケルセチン配糖体です。

ケルセチン配糖体は、血中中性脂肪調節にかかわっているPPARaという物質を活性化し、血中中性脂肪を減少させることを、サントリーが継続使用実験で証明しました。

血中中性脂肪が減少することにより、血液が詰まりやすくなることを防ぐことができるので、血液をサラサラにして流れやすくすることに繋がるのです。

ケルセチン配糖体を手軽に摂る方法

ケルセチン配糖体は玉ねぎに豊富に含まれていますが、忙しい現代人が毎日定期的に玉ねぎを食べるのはなかなか難しいですよね。

生の食品から摂取するよりももっと摂りやすい方法があれば、健康にもいい影響を及ぼしますし、試してみたいという方も多いはずです。

そこで、ケルセチン配糖体を手軽に取る方法とは何があるのか、調べてみました。

ケルセチン配糖体配合の飲料

ケルセチン配糖体配合の飲料としては、下記のようなサントリーの特茶シリーズがよく知られています。

商品名:特茶ジャスミン

販売会社:サントリー食品インターナショナル(株)

価格:170円(税抜)

内容量:500ml

商品名:伊右衛門 特茶

販売会社:サントリー食品インターナショナル(株)

価格:170円(税抜)

内容量:500ml

このようなお茶であれば、わざわざ玉ねぎ自体を摂らなくても手軽に食事と併用できるというメリットがあります。

摂取目安は毎日1本でなので、コストもそこまでかからないのも魅力ですね。

ケルセチン配糖体サプリ

お茶に含まれているケルセチンよりも効果を期待できるのが、ケルセチン配糖体サプリの最大のメリットです。

出典:公式
商品名 タマネギの力
販売会社 ハウスウェルネスフーズ株式会社
内容量 90粒(約30日分)
価格 4762円(税抜)
公式URL https://www.house-direct.jp/product/tamanegi

商品名:ケルセチン配糖体サプリ

販売会社:シーアンドエー株式会社

価格:1,870円(税込)

内容量:90粒入り(1日3粒目安:約30日分)

公式サイト:https://item.rakuten.co.jp/chinatea/c/0000000674/

「ケルセチン配合体サプリ」はケルセチン配糖体110mg配合しており、1袋分でペットボトルのお茶90本分に相当すると公式サイトに記載されています。

お茶は水分補給にはなりますが、水分をそれほど飲む習慣がないという方にとっては無理やり飲むのは辛いですよね。そんな人でも効率よくケルセチン配糖体を摂取できるのがサプリメントなのです。

ケルセチン配糖体サプリに副作用はあるの?

ケルセチン配糖体サプリは用法用量を守っていれば副作用はほとんどありません。

特定保健用食品のお茶は、1日350ml~500mlを摂取目安量としているところが多いようです。

しかし、ケルセチンには一部の抗生物質の働きを妨げるとされているので、抗生物質を飲んでいる方は念のためサプリ摂取前に医師に確認してみましょう。

まとめ

ケルセチン配糖体は、確かに血液をサラサラにする効果を期待できますが、当然ですがその効果は無限ではありません。

サプリを摂取することで可能な中性脂肪の分解能力を超えてしまったら、ケルセチン配糖体を取っていても血液がドロドロになってしまう可能性が大いにあります。

ケルセチン配糖体の効果を生かすためにも、普段の生活習慣を見直し、バランスのとれた食生活を心がけましょう。