ケルセチン配糖体サプリはコレステロール低下作用が期待できるって本当?

ポリフェノールの1種であるケルセチン配糖体が含まれているサプリは、コレステロール低下が期待できるとされています。

はたして、それは本当なのでしょうか?

本当だとしたら、どのようなメカニズムでコレステロール低下を促すのか、コレステロールとケルセチン配糖体をそれぞれ詳しく解説しながら、コレステロール低下作用があるのかないのかまとめてみた。

ケルセチン配糖体とは?

ケルセチンはタマネギの皮などに含まれている成分なのですが、脂溶性のため吸収率があまりよくないという弱点があります。

その弱点をグルコシドという糖を結合させることにより、水溶性にして体への吸収率を高めたのがケルセチン配糖体です。

ケルセチン配糖体は、血中の中性脂肪を減らす分解酵素「リパーゼ」を活性化し、血液の流れを良くすることで様々な効果や効能をもたらすことが期待されています。

コレステロールの低下に効くとされているのも、その効果の1つなのですね。

コレステロールはなぜ低下させる必要があるの?

ここで、コレステロールについておさらいをしましょう。

コレステロールと聞くと悪者と思われる方もいるのではないでしょうか。しかし実際は、人間のホルモンになったり細胞膜になったりと、人体には欠かせないものなのですが、必要量を超えて過剰になることで様々な問題が起きてしまうのです。

コレステロールには、

  • LDLコレステロール
  • HDLコレステロール

という2種類があり、後者は善玉コレステロールと呼ばれ、血中の余計なコレステロールを肝臓に戻す役割があるため、増やした方が良いコレステロールです。

それに対し、前者は悪玉コレステロールと呼ばれていて、一定数であれば有効に使われるものの、過剰に作られると血管の壁にどんどん入り込みます。

血管の中に悪玉コレステロールが入って酸化すると、「過酸化脂質」になって血液を巡ります。

すると、この過酸化脂質を異物と判断して、パトロール役の免疫細胞が排除しようと「プラーク」と呼ばれるこぶを作りだすのですが、このプラークが原因で血管が詰まってしまい、動脈硬化につながってしまうのです。

つまり動脈硬化を防ぐには、免疫細胞が反応しない程度に悪玉コレステロールを抑える必要があるのです。

ケルセチン配糖体はコレステロールを低下させる!

「悪玉コレステロール値を低下させる必要がある」といっても、忙しい現代人は食事をコンビニや外食で済ませる機会も多いので、一切カットするのは難しいでしょう。

しかしそのままにしていれば、いずれ悪玉コレステロールは過剰になり、動脈硬化などの病気を引き起こす原因にもなりかねません。

そこで、コレステロールに対して有効に働くことが期待されている、ケルセチン配糖体の摂取をおすすめします。

ケルセチン配糖体として体内に入ると、主にケルセチンとして小腸から体内に吸収されます。

小腸では、コレステロールを吸収して体内に運ぶたんぱく質があるのですが、ケルセチンにはこのたんぱく質の働きを阻害してコレステロールがうまく吸収されないようにしてくれる作用があります。

またその他にも、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを活性化して血中に溶け込む中性脂肪を減少させる効果や、強力な抗酸化作用で悪玉コレステロールが酸化することを防いで動脈硬化の進行を緩やかにするという働きもあるのです。

おすすめのケルセチン配糖体サプリ

ケルセチン自体は玉ねぎに多く含まれているので、玉ねぎからも得られますが、現実的に考えて、常に玉ねぎを食することが難しいことがほとんどでしょう。

そんな方にケルセチン配糖体を摂取しやすくしたのが、ケルセチン配糖体を含んだサプリメントです。

今回は、

  • 国産の玉ねぎを使用している
  • 余計な添加物を極力使っていない

という観点から厳選して選んだ、おすすめのケルセチン配糖体サプリを紹介します。

タマネギの力

出典:公式

「タマネギの力」には、ケルセチンだけではなく、シクロアリインというケルセチンと同様の効果がある成分を含んでいるので、血中の脂質に働きかけて血液をサラサラにしてくれる効果が期待できますよ。

商品名 タマネギの力
販売会社 ハウスウェルネスフーズ株式会社
内容量 90粒(約30日分)
価格 4762円(税抜)
公式URL https://www.house-direct.jp/product/tamanegi

DHA&EPA+ケルセチン

「DHA&EPA+ケルセチン」は、血液のめぐりをよくする成分であるEPAを配合しているので、特に血液の流れに不安を持っている高齢の方や健康が心配の方におすすめしたいサプリです。

やや高い印象ですが、EPA&DHAとケルセチンという形で別々に購入しなくて済むので、EPAも摂りたいという人にとっては別々に摂るよりもコスパは良いですよ。

商品名:DHA&EPA+ケルセチン

販売会社:日清食品株式会社

内容量:120粒入り(1日4粒目安:約30日分)

価格:5,500円(税抜)

公式サイト:https://nissin-wellness.jp/product/DHA_EPA.html

同じケルセチン配合でもそのほかの成分は異なるので、自分の目的に合ったサプリを選ぶことが大事ですよ。

コレステロールが過剰にならないために

ケルセチン配糖体サプリは血中のコレステロールを抑え、悪玉コレステロールの増加が原因で起こる様々な病気を回避してくれる可能性はあります。

しかし、ケルセチン配糖体サプリを摂取していれば油ものをいくら食べてもいい、悪玉コレステロールを増やしてもいいというわけではありません。

日頃から、悪玉コレステロールを増やさない食生活が大事です。

海藻類やこんにゃくなどに含まれている水溶性食物繊維には、コレステロールの吸収を妨げて排出しやすくしてくれる作用があるので、これらの製品を積極的に摂ることをおすすめします。

反対に、動物性脂肪や魚卵、バター、生クリームのような乳製品が多い食事は悪玉コレステロールを増やす原因にもなるので、食べすぎは控えましょう。

また、外食やコンビニでの食事が多かったり、油っぽいものが好みという場合も悪玉コレステロールが過剰になりやすいので注意が必要です。

普段の生活改善や運動を心がけ、善玉コレステロールであるHDLコレステロールを増やす意識することも大事です。

まとめ

結論から言えば、コレステロールの低下にケルセチン配糖体サプリは効果を期待できると言っていいでしょう。

しかし、悪玉コレステロールは日々の食生活と密接な関係があるので、サプリに頼ることなく、自力で悪玉コレステロールの入っているような製品の摂取は控えるということが大切です。

ケルセチン配糖体サプリを用いる場合には、普段の食生活の改善と並行して、自分の体調や体質と合わせて摂るようにしましょう。