ケルセチン配糖体を含む特茶「伊右衛門 特茶」を飲むことで期待できる効果とは?

ケルセチン配糖体を含むお茶といえば、1番有名なのが「伊右衛門 特茶」ではないでしょうか。

トクホ飲料としてはダントツの売り上げを誇る「伊右衛門 特茶」ですが、このようにケルセチンを配合した特茶「伊右衛門 特茶」を飲むことで期待できる効果を調べてみました!

特茶「伊右衛門 特茶」に含まれているケルセチン配糖体とは?

ケルセチン配糖体とはポリフェノールの1種で、食品で言えば主に玉ねぎの皮に豊富に含まれています。ビタミンEの約10倍もの強い抗酸化力があるため高い抗酸化力が期待できるほか、脂肪分解を促進する働きも期待できる注目の成分です。

特茶500mlには、玉ねぎの3個分にもなる110mgが含まれているので、ケルセチン摂取する際にはとてもおすすめの商品なんです。

ケルセチン配糖体の健康への効果とは?

ケルセチン配糖体には、様々な効果があることが分かっています。順番に見ていきましょう。

抗酸化作用

「抗酸化」という言葉は普通に使われていますが、これは「活性酸素の除去」ということです。

活性酸素は、強いストレスや紫外線、大気汚染、生活習慣、喫煙などのさまざまな原因から生まれますが、本来はこれらの外的有害物質から身体を守るために発生する物質なので、悪いものではありません。

ですが、一定の基準を超えると身体を攻撃して錆びつかせてしまうのです。

特茶に含まれているケルセチン配糖体やカテキンのようなフラボノイドは、外敵から身を守るために強い抗酸化作用を有しているので、活性酸素を除去して抑える働きがあります。

血糖値低下作用

私たちは糖を摂ると、膵臓からインスリンが分泌されます。そのインスリンの働きで糖が必要な場所に運ばれていくのですが、インスリンの分泌量が減少してしまうと血液から糖が運ばれなくなり、高血糖状態になります。

ケルセチンを始めとするポリフェノールには、インスリンの感受性を高めてインスリンの働きを促す作用があります。

その結果、血糖値を下がり、糖尿病を防止することもできますよ。

コレステロール低下作用

食事から摂った際に小腸から吸収されるコレステロールは、NPC1L1というたんぱく質によって運ばれますが、このたんぱく質が正常に働いていると、どんどんコレステロールは血液にのって体内に吸収されていき、血中のコレステロール値は高くなります。

ケルセチンには、このたんぱく質の働きを阻害する働きがあり、体内に吸収されるのを防いでくれるのです。

コレステロール値が高いと、「狭心症」や「心筋梗塞」などのリスクを高めてしまいますので、気になる方はケルセチンの摂取をおすすめします。

アレルギー症状の緩和作用

まず、アレルギーはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。

花粉や埃、カビなどのアレルゲン物質が体内に取り込まれると、最初に免疫細胞が反応します。

本来、花粉や埃はあまり人体に影響がない物質ですが、免疫細胞が過剰反応してしまい、なんとかアレルゲン物質を体外に出そうと抗体を作るのです。

その作られた抗体がアレルゲン物質と結合してしまうと、化学物質であるヒスタミンやロイコトリエンという、神経などを刺激してアレルギー反応を引き起こさせる物質に変化してしまうのです。

ケルセチンは、アレルゲンと結合してできたヒスタミンの発生を抑制する働きを持っています。その結果、神経などを刺激する化学物質が減少するので、アレルギー症状を抑える作用があるのです。

動脈硬化の予防作用

動脈硬化とは、動脈が硬くなって脆くなったことで粥腫(じゅくしゅ)※ができ、血管が詰まったりすることを言います。

動脈が固くなるのは、赤血球が活性酸素によりダメージを受けることがひとつの原因といわれており、血管のつまりは、悪玉コレステロールがたまったり、血栓ができたりすることが原因といわれています。

ケルセチンは、その強力な抗酸化作用で赤血球がダメージを受けることを防いで悪玉コレステロールを退治する作用があるので、血液の健康を保って血栓が発生しにくくすることができるのです。

このように、ケルセチン配糖体を含んでいる特茶には、さまざな良い効果が期待できるので、現代人の強い味方といっても過言ではないのです。

※血管の内膜面にコレステロールが沈着して塊になっている状態。プラークとも呼ばれている。

特茶「伊右衛門 特茶」はダイエットに効果的?

さまざまな効果が期待できるケルセチン配糖体ですが、そのほかにも血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあり、脂肪を燃焼させやすくする作用もあるとされています。

サントリーが行った実験によると、ケルセチン配糖体を配合したお茶を12週間服用したところ、腹部の脂肪面積に低減が認められたそうです。

ただし、その効果としては「ダイエット効果がある」というよりも「脂肪を分解して燃焼しやすい状態にする」ということにとどめています。

ダイエットは、適切な運動やバランスの良い食事、生活習慣の見直しなどを総合的に行うことによって、初めて成しえます。

「特茶」を飲んだからといってすぐに痩せるような魔法の薬ではありません。あくまでも脂肪を分解して燃焼しやすい状態にするというだけですので、うまく利用しながらダイエットに励むことをおすすめします。

特茶「伊右衛門 特茶」は美味しい?

特茶と聞くと、「ものすごく苦い」「美味しくなくて青汁っぽい」イメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

そこで実際に購入して試してみましたが、非常に美味しいです。通常のお茶より苦みを感じましたが、青汁のような粉っぽさや臭みなどは一切ありません。

甘いものと一緒に摂るよりも、辛い料理や油っこい料理と一緒に飲むとさっぱりすると思います。

味に関しては個人の好みにもよりますが、一般的なペットボトルの緑茶と変わらないので、一度飲んでみるといいかもしれませんね。

商品名 伊右衛門(特茶(特定保健用食品)
販売会社名 サントリー株式会社
価格 170円(税抜)
内容量 500ml
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 0g
ナトリウム 20mg
カフェイン 90mg
カテキン 230mg
ケルセチン配糖体(イソクエルシトリンとして) 110mg

特茶「伊右衛門 特茶」の口コミ

特茶の効果などについて述べてきましたが、やっぱり一番気になるのは購入者の意見ですよね。

ということでここからは、特茶を購入された方のいい口コミと悪い口コミをまとめてみました。

特茶「伊右衛門 特茶」の良い口コミ

40代女性
他のお茶より美味しくて飲みやすい。普段のお茶代わりに飲めるのでカロリーを摂りすぎた時のお守りとしても重宝してます。
50代女性
一般のお茶より苦めだけど、油ものなどカロリーがある食べ物と合う。普通に水分摂るよりはトクホのお茶の方が効きそうと思っています。
40代女性
ずっと飲み続けています。そうしたら体重と体脂肪が少しですが落ちました!特に運動していないので、特茶のおかげだと喜んでます。

特茶「伊右衛門 特茶」の悪い口コミ

30代女性
コンビニとか近くのスーパーにも売ってるし手軽に飲めるのはいいと思うけど、本当に効いているのか効果が分かり辛い。
40代女性
トクホだから仕方ないけど、お茶にしてはちょっと高いのがネック。しかも続けないと効果がよくわからない。まとめて買うのが一番得かもしれない。
30代女性
飲み始めてから2日、あまり効果は感じられません。やっぱり長期で飲むことが必要なのでしょうか。トクホだから期待してるのですが…。

お茶にしては高いことと、長期間摂りつづけないと効果が分かりにくいのがデメリットのようですね。対して、味は適度な苦みがおいしいようですし、続けていると体重にも影響が出てくるというメリットがあるようなので、気になる方は一度試してみるのもいいかもしれませんね。

特茶「伊右衛門 特茶」の効果的な飲み方

ケルセチン配糖体が配合されているような特茶「伊右衛門 特茶」は薬ではないので、1日の摂取目安量は決まっているものの、いつ飲んだ方が良いという具体的な決まりはありません。

しかし、カフェインが含まれているので、寝る2~3時間前に摂取すると交感神経が刺激され、睡眠の質を妨げる恐れがあります。加えて、水分なので夜中トイレに目が覚めることもあるでしょう。

なので、カフェインを摂取しても問題ない朝や昼に飲むことをおすすめします。

特茶「伊右衛門 特茶」に副作用はある?

抗酸化作用や抗炎症作用、アレルギー症状緩和作用など、私たちに様々な好影響を及ぼしてくれる特茶ですが、副作用はあるのでしょうか。

結論から言えば、摂取量目安などの用法用量を守っている限り、副作用はほぼありません。

ただ、過剰に摂りすぎたケルセチン配糖体は体外に排出されますので、摂取量が多ければ効果を早く実感できるというものではないので、摂取目安量をしっかりと守りましょう。

そのため、副作用の心配はしなくていいと考えていいでしょう。

まとめ

ケルセチン配糖体配合の特茶を飲むことで、健康だけでなく、美容の面でも様々な効果があることが分かりました。

ただ、ケルセチン配糖体配合の特茶を飲めば健康や美容の目的が達成されるということではなく、期待できる効果を得るのには、普段の生活習慣を整え、きちんと睡眠をとりながら特茶をを継続的に続ける必要があります。

ケルセチン配糖体の効果を最大限に活用しながら、健康維持に努めたいですね。