足首・足の指の関節痛の原因・症状・対処法

年齢を重ねるごとに、足首の関節痛や足の指の関節痛に悩まされる人も少なくないのではないでしょうか。

「足首が痛くて正座ができない…」

「足の指が痛んで歩くのがつらい…」

といった足のトラブルは、日常生活を送る上でとても悩ましいですよね。

足は体重を支える重要な部位なので、負担がかかりやすい分、さまざまな痛みや疾患に繋がることが多いです。

特に加齢による足の関節痛は、関節内部にある軟骨のすり減りや筋肉の衰えなどが原因となることが多く、誰にでも起こる可能性があります。

足首や足の指の関節痛は進行すると手術でしか改善できなくなる可能性もあるので、痛みが軽いうちに早めの対処をしていきたいものですよね。

ここでは、足首や足の指の関節痛についてもっと知りたいという人のために、その原因や症状、対処法を詳しく解説していきます。

足首・足の指の関節痛の原因と症状

足首や足の指の関節痛は、加齢による軟骨のすり減りや筋肉の衰え、合わない靴の負担などによって生じ、さまざまな疾患に繋がることが多いです。

疾患によって痛みの起こる部位や原因、症状が異なってくるので、足のトラブルとしてよく挙げられる疾患をいくつか見ていきましょう。

足首の関節痛の原因と症状

・変形性足関節症

足首の軟骨がすり減ることで、骨同士がぶつかる衝撃を和らげることができなくなり、炎症を起こして腫れや痛みを生じます。

主な原因は加齢によるものですが、捻挫や骨折などが発症のきっかけになることもあります。

また、若いときに捻挫や骨折を繰り返した人がなりやすいということもあるようです。

症状としては、まず歩くときの足首の内側の痛みから始まり、進行すると正座ができなくなったりします。

加齢による変形性足関節症は、足首のじん帯が緩んで足が内側に倒れる内反(ないはん)という状態が進行していることが多いので、特に足首の内側に負担がかかりやすくなっています。

より症状が進行すると、足首の内側だけでなく足首の関節全体の軟骨が摩耗し骨同士がぶつかって、関節内部で骨棘という骨の変形を引き起こします。

そうなるとより痛みが強くなりますし、ひどい場合は手術でしか改善が見込めない場合もあります。

足首の内側が痛むな、と思ったらぜひ早めに対処していきたいですね。

・偏平足

中年期の女性に見られることの多い疾患で、足の土踏まずがなくなって足の裏が平になってしまう疾患です。

足は元々ドーム状の自然なアーチ型になっていて、そのアーチの働きで体重が足裏にうまく分散され、過度な負担がかからないようになっています。

土踏まずがきちんとあるというのは、足が自然なアーチをしっかり作れていて、健康的な足だという証明なのです。

偏平足は加齢による筋力の低下などが原因で足の自然なアーチが作れず歪むことで、体重をうまく分散させられなくなり、足に負担がかかりやすくなります。

症状としては、足の裏が痛んだり疲れやすくなったりするのに加えて、つま先立ちができなくなるといったことが挙げられます。

初期段階では、足首の内側のくるぶしあたりにピリッとした痛みが走ったり、腫れたりすることもあるようです。

・足底腱膜炎

朝起きたときや歩き始めにズキンとかかとが痛む場合は、足底腱膜炎かもしれません。

足の裏には足底腱膜といって、かかとから足先に向かって伸びる腱膜があり、足の縦のアーチを支える役割を担っています。

年齢を重ねるとこの足底腱膜の柔軟性が低下し、傷つきやすくなることに加え、肥満や筋力の低下などが原因で発症することがあります。

日頃から立ちっぱなしの人や、足を使うスポーツをしている人は特になりやすい傾向にあるようです。

症状としては、最も特徴的なのは朝起きて立ち上がるときや足の裏を使うときに痛み、少し歩くと痛みが軽くなるということが挙げられます。

安静時に痛みはなく、また腫れるということもないのでつい放っておいてしまいがちですが、進行すると歩いていなくても慢性的に痛むようになるので注意が必要です。

足の指の関節痛の原因と症状

・外反母趾

足の親指が小指側に「くの字」に曲がり、親指の付け根が突出して痛みます。

その部分が靴などで圧迫されることにより、関節が炎症を起こして「バニオン」と呼ばれる腫れたこぶのようなものができることもあります。

主な原因はハイヒールなどの足に合わない靴を履き続けたことによる足のアーチの崩れで、特に足先が圧迫されて負担がかかることで指先の変形を引き起こします。

そのため、特に女性に発症しやすい疾患のひとつです。

症状が進行すると親指が他の足の下に入り込むような変形をしたり、靴を履いていなくても痛んだりするようになります。

また、痛みがなくても親指が小指側に20度ほど曲がっていれば軽度の外反母趾の症状なので、気づいたら早めに対処することをおすすめします。

・内反小趾

内反小趾は、足の小指が付け根から親指側に曲がって変形する疾患です。

外反母趾の反対の小指版だとイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

足には縦のアーチに加え、足の指の付け根の関節が並ぶ部分を中心に、横のアーチがあります。

この足の横のアーチが崩れることで足指の関節のあたりが扇状に広がり、それを幅の狭い靴などで圧迫するような状態が続くと、外反母趾や内反小趾になりやすいです。

先の細い靴や合わない靴を履くとそういった負担が増すので、悩まされる女性が多くなるということなのですね。

症状としては、外反母趾のように変形した部分そのものが痛むというよりは、変形した小指が靴で圧迫されて痛みを生じます。

内反小趾はそれほど知られた疾患ではなく気づきにくいかもしれませんが、そのままにしておくと外反母趾と併発してさらに足の変形が進んでしまいますから、小指が痛む場合も注意深く症状を確認したいですね。

・強剛母趾

歩くときや親指を上に逸らそうとしたときに、親指の付け根がズキンと痛むのに、見た目にはあまり変化がない場合は強剛母趾かもしれません。

外反母趾と同じ親指が痛む疾患ですが、外反母趾は足の負担を外に逃がそうとして変形するため関節内部にはあまり影響がないのに対し、強剛母趾は負担を関節がそのまま受け止めるので、症状が進行すると関節が破壊されて親指の付け根が曲がらなくなってしまいます。

関節の骨が変形して骨棘という骨のトゲができ、歩けないほど痛むようになることもあります。

強剛母趾は外反母趾ほど顕著な変形はありませんが、骨棘により親指の付け根が腫れて痛むこともあり、外反母趾や痛風と誤診されやすいこともあるので注意が必要です。

足首・足の指の関節が複数箇所痛む場合の原因と症状

・関節リウマチ

足の指の関節だけでなく、手の指の関節なども痛む場合は関節リウマチの可能性があります。

関節リウマチとは自己免疫疾患のひとつで、本来ならば体の外から入ってきた病原菌などを攻撃し、体を守るはずの免疫機能が、何らかの原因で誤作動を起こし、自分の体や組織を傷つけてしまう疾患です。

男性よりも女性が発症しやすく、1:4の割合で女性の発症率が高い病気です。

関節リウマチの場合は、初期症状は手や足の指など小さな関節の痛みやこわばりから始まり、進行すると手足だけでなく全身の関節を破壊し変形させてしまうので、早期発見と早期治療が非常に大事です。

朝起きたときに足の指の関節がこわばる、また足の裏全体がはれぼったく熱を持っているような気がする、というのも関節リウマチの初期に現れやすい症状なので、心配な場合は早めに専門の病院に相談に行ってください。

・痛風

関節リウマチが女性に多いのに対して、男性に多いのが痛風です。

痛風とは、関節部に結晶化した尿酸がたまることで、主に夜、突然激しい激痛に襲われ関節が腫れあがるという病気です。

足の親指の付け根に症状が現れることが一般的ですが、足首などにも痛みを生じさせる場合があります。

関節の痛みが関わる病気ですが、痛風は生活習慣病の一種であり、日頃の食事や飲酒、肥満などが原因となって起こる病気で、尿酸値が高い状態が続いていると発症する可能性があります。

ビールが好きでよく飲む、レバーや干物などが好物、甘いものが好き、運動は控えめ…という人は、特に注意する必要があるかもしれません。

足首・足の指の関節痛の対処法

足首や足の指の関節痛の原因は、加齢による軟骨のすり減りや筋肉の衰え、合わない靴の負担などさまざまなものが考えられます。

そうした負担が変形性足関節症や外反母趾などのさまざまな疾患に繋がり、痛みを引き起こしてしまいます。

「もしかしたらある疾患なのかもしれないけど、どうしたらいいか分からない…」

「実際にどんな対処をすればいいの?」

そんな不安をお持ちの方のために、主な疾患の対処法を簡単にまとめてみました。

足首の関節痛の対処法

・変形性足関節症

関節内の軟骨は一度すり減ると自然には元に戻らないため、基本的には整形外科などを受診して専門的な治療を受けることが望ましいです。

治療としては、症状が軽度の場合は足底挿板といった中敷きのようなものを靴底に入れることで、足の負担を軽くする方法があります。

この足底挿板は内側から外側に向かって高くなるように傾いていて、体重の負担を足の外側にも分散させ、変形性足関節症による足首の内側の痛みを軽減します。

より症状が進行して軟骨がほとんど残っていない場合は、骨を切って関節を動かしやすくする手術などを行うことになるので、正座ができなくなったり歩けなくなったりする前にぜひ病院を受診してくださいね。

・偏平足

偏平足の原因は足の自然なアーチの崩れなので、体重の負荷がかかりやすくなりあらゆる足指の疾患に繋がることがあります。

足を自然なアーチ状に戻し健康的な足を手に入れることで、偏平足を治しあらゆる疾患を防げるので、特に初期の偏平足の人はそれを目指すのがいいですね。

偏平足は足の筋力の低下や体全体の姿勢の乱れによって起こるので、正しい姿勢で歩くことを意識し足指のストレッチをするだけで随分違います。

足をグーとパーにそれぞれ動かすグーパー運動や、足の指を広げるのもおすすめです。

足のアーチを矯正する運動については後ほど詳しくまとめていくので、そちらも参考にしてくださいね。

つま先立ちができなくなるほど偏平足が進行した場合は、手術によって骨のアーチをつけるという治療も必要になる可能性があります。

そのようなときは、整形外科を受診するようにしましょう。

・足底腱膜炎

足底腱膜炎は、足への負荷のかけすぎや足の使い過ぎによって足底腱膜に炎症が起こる疾患です。

そのため、第一の対処法としては足を休めてあげることが大切になります。

足底腱膜炎は足を使うスポーツをしている人が発症しやすいので、サッカーやジョギングなどのスポーツをしている場合は痛みがなくなるまで控えるようにしましょう。

運動を控えることに抵抗があるときは、足への負担の少ない水泳などに切り替えるといいかもしれませんね。

他にも、足の負担を軽減するような靴に変えたり、足の裏とふくらはぎのストレッチをして足の柔軟性を高めたりすることで、足裏への負荷がかかりにくくなり痛みを和らげることができます。

最近では、体外から衝撃波を当てることで症状を緩和させる治療も注目されていて、この治療法で痛みが改善すると言われています。

痛みがひどい場合や、ストレッチを続けても効果がない状態が半年以上続く場合は、病院を受診することも考えてみたいですね。

足の指の関節痛の対処法

・外反母趾・内反小趾

外反母趾と内反小趾はどちらも足のアーチの崩れが原因で起こる疾患です。

靴が合わないために痛みを生じさせていることが多いので、まずは幅広でしめつけ過ぎない靴に変えてみるだけでも痛みに悩まされることは少なくなります。

痛みがひどい部分にはサポーターやテーピングをして、靴に当たらないようにするのもいいですね。

疾患を治していくためには、足のアーチを健康な状態に戻す必要があるので、足指の運動をすることで足裏に筋力をつけていき、正しい姿勢で歩くことも大切です。

病院を受診することで、足のアーチを矯正するインソールを作ってもらえることもあるので、ひどい痛みや変形に悩んでいる場合は一度相談にいくのもおすすめです。

・強剛母趾

強剛母趾も、基本的には外反母趾などと同じで足のアーチの崩れから来る疾患です。

ただ、外反母趾と違い靴の圧迫による痛みではなく、関節内部の炎症が痛みの原因なので、ひどくなる前に一度整形外科にかかったほうがいいかもしれません。

整形外科では、炎症を抑える湿布薬や注射、またつま先が上を向きにくいように、底の固いインソールなどを使った治療などが主として行われます。

家でもできる対処法としては、炎症が起きている部分を冷やして痛みを軽減する方法や、足の負担を軽くするためのストレッチやマッサージなどがあります。

ストレッチやマッサージは、足裏だけでなく足全体に対して行うことでより効果が見込めるので、特に足裏からふくらはぎにかけては重点的にやっていくといいです。

もちろん、無理をして痛みがひどくなってもいけないので、くれぐれも強い痛みを感じない程度にストレッチやマッサージを行うようにしてくださいね。

足首・足の指の関節が複数箇所痛む場合の対処法

・関節リウマチ

関節リウマチは、体の免疫機能の異常による自己免疫疾患なので、完全な治療法というものがありません。

しかし、今の医療では早めに発見し治療を開始することで日常生活を不自由なく送ることもできるので、関節リウマチの疑いがある場合はすぐにリウマチ科やリウマチ専門医のいる病院に行くようにしましょう。

関節リウマチの原因ははっきりとは分かっていないものの、遺伝的な要因に加えて喫煙や感染症、更年期などの外的要因が影響を与えるとされています。

そのため、関節リウマチの予防には、禁煙やウイルス感染などの感染症を避け、少しでも発症のリスクを下げることが大切です。

発症すると一生付き合っていく病気なので、健やかな体を維持することでリウマチを予防していけることが望ましいですね。

・痛風

痛風は関節に結晶化した尿酸がたまることで、激しい関節の痛みに襲われる病気です。

尿酸値が高い人は発症のリスクが高く、発症した場合は、すぐに専門の病院にかかる必要があります。

痛風外来のあるところが望ましいですが、近くにない場合は整形外科か内分泌科に行くといいでしょう。

病院では、まずは痛みを抑えるための薬を処方され、痛みが収まったときに尿酸値を下げる治療が行われます。

痛風は関節の病気というよりは生活習慣病の一種なので、日常的な食事や運動などを見直していく必要があります。

発症すると根気強く付き合っていかなくてはならない病気のひとつなので、尿酸値の高い人や日頃からお酒をよく飲む人、また肥満体形の人などは食事や運動など生活の見直しを図ることをおすすめします。

足の関節痛を予防するには?

足首や足の指の関節痛は、症状が重くなると歩行が困難になり、手術でしか改善できなくなる場合もあるので、早い段階で対処していきたいですよね。

足首や足の指の関節痛を伴う疾患はさまざまなものがありますが、その多くが自分に合った靴を選んだり、足の疲労や負担を軽減したりすることで予防できます。

また、足のトラブルを予防するためには、足の自然なアーチを取り戻すことも必要になってきます。

ここでは、足の関節痛を予防するための正しい靴の選び方と、おすすめのマッサージや体操について紹介していきます。

正しい靴の選び方

足のトラブルの多くは、靴が自分に合っていないことが原因となっています。

でも、実際にどういう基準で選べばいいのか分からずに、

「なんとなく足に良さそう…」

「サイズがそこそこ合っているし…」

という理由で選んでしまうことも少なくないですよね。

しかし、足のトラブルに悩まされているなら、今までの靴は合わない靴だったのかもしれません。

「一体どんな靴が自分に合っているの?」

と思われる人のために、自分に合った靴の選び方を、5つのポイントにまとめてご紹介します。

①時間帯は夕方にしましょう

人間の足のサイズは、時間帯によって変わってきます。

特に夕方は重力によって血液などが下がり、足がむくむこともあるので最も足のサイズが大きくなる時間帯です。

足を締め付けないためにも、靴を選ぶときは夕方に選ぶようにしましょう。

また、靴を合わせる際には必ず左右両方の足に履いて、実際に数歩歩いてみるのが望ましいです。

人の足の大きさは左右で異なりますし、座っているのと立って歩いているのとでもフィット感が変わってくるからです。

靴を履いたときに、足が包み込まれるようで気持ちがいいなという感覚だと、その靴が自分に合っているということなので、ぜひ参考にしてくださいね。

②かかとにぴったりフィットするものを選びましょう

かかとがうまく合わない靴を選んでしまうと、それだけで歩くのが不安定になり、足に余計な負担をかけてしまうことになります。

柔らかすぎず固すぎず、なるべく隙間のないぴったりとしたかかとのものを選ぶようにしましょう。

③土踏まずをきちんと支えてくれるものにしましょう

トラブルのない健康な足を維持するために、足のアーチをきちんと保つことは重要です。

そのため、土踏まずがぴったりとフィットし自分の足のアーチに合う形をした靴底のものを選びたいですね。

最近は足の負担を軽くするクッション性の高い靴や、靴そのものが柔らかいものなども人気ですが、靴底が柔らかすぎるとアーチを支える力が足りないので、長時間歩き続けるには不向きということがあります。

靴を試すときは、靴を履いて実際に歩いてみて、土踏まずの感触を確かめてみるようにしてくださいね。

④足の横幅が合うかどうかも重要です

靴を選ぶときには足の長さ(サイズ)だけに注目してしまいがちですが、足の横幅(ワイズ)にも気を配るとより足に合った靴を探すことができます。

靴選びの際にポイントとなるのは、足の指の付け根の関節が並んでいる部分の横幅です。

人によってこの足の横幅がさまざまなように、作るメーカーによっても足の横幅は広かったり狭かったりとさまざまなので、実際に履いてみて確認するのがいいです。

自分の足に比べて横幅が広すぎると、足がずれてかかとに隙間ができたり、足の指が中で動いて不安定になったりしてしまいます。

逆に横幅が狭すぎると、足指を締め付けてしまい負荷がかかり、外反母趾などの疾患に繋がりやすくなります。

靴を選ぶときは、横幅が広すぎず狭すぎない、フィット感のあるものにするといいかもしれません。

⑤つま先は1㎝程度余裕のあるものにしましょう

サイズの合わない靴は良くない、だったらつま先もぴったりとした靴がいいのでは…と思われがちですが、実はつま先はぴったりしすぎていると足を痛めてしまいます。

また、つま先に余裕がないと指先を締め付けすぎることにも繋がるので、足に無理な負担がかかってしまいます。

つま先は1㎝程度余裕がある靴が歩きやすく足にも負担がかからないので、靴選びの際は気を付けてみてくださいね。

足のマッサージと体操でトラブルを予防!

足のトラブルを予防するためには、足の疲れを取ることと、足の正しいアーチを取り戻すことが大切です。

足の疲労回復には入浴やストレッチだけでも効果はありますが、より効果を高めるためのマッサージや運動があります。

ここでは、いくつかおすすめのマッサージや運動をご紹介しますので、できそうなものからぜひやってみてくださいね。

①    足の疲労回復のためのマッサージ

足の疲労回復には、ふくらはぎから足裏にかけてのマッサージと、足指を上下に強く曲げるマッサージがおすすめです。

ふくらはぎから足裏にかけてのマッサージは、足の内側の部分を手の親指で押していきます。

もみほぐすのではなく、押すというのがポイントです。

まずはふくらはぎの脛の内側のあたりから始まり、そこから徐々に下がってくるぶしの裏を通り、そのまま足裏に行くように、グッグッと押していくと気持ちがいいですよ。

足指を上下に強く曲げるマッサージは、まず足の指を全体的に包むように持ち、それを上にぐっと引き上げ、また反対にぐっと引き下げるという動きを繰り返します。

うまくできない場合は、足の親指側から持つようにして、足のアーチを意識しながらやってみるといいかもしれません。

1日5分でもいいのでこれらのマッサージをしてみると、足の疲労感や痛みなども軽減されるので、できそうなものから試してみてくださいね。

②足のアーチを矯正する運動

足のアーチを矯正するおすすめの運動は、タオル掴み運動とグーチョキパー運動です。

どちらも足裏の筋肉を鍛えることで、足の自然なアーチを取り戻す効果が期待できます。

タオル掴み運動は、床に置いたタオルを両足の指を使用しながら掴んで引き寄せるという運動です。

指だけでなく足裏全体の筋肉を意識すると、より効果が期待できていいですよ。

グーチョキパー運動は、足の指でグーチョキパーを作る運動です。

グーは全ての指を丸めた状態、チョキは親指が上を向き、他の指が下を向いている状態、パーは全ての指を広げた状態です。

最初は動かしにくいかもしれないので、手でサポートしながら行っても大丈夫です。

慣れてくると、よく足の指が動かせるようになり、足の柔軟性も高まってくるので、トラブルのない足に近づくことができますよ。

これらの運動も、1日5分程度でも続けていくと偏平足や外反母趾の予防にもなりますから、できるものから生活に取り入れることをおすすめします。

まとめ

足首の関節痛や足の指の関節痛は、加齢による軟骨のすり減りや筋肉の衰え、合わない靴の負担などにより生じ、さまざまな疾患に繋がることが多いです。

その多くが、自分に合った靴を選んだり、足の疲労を取るマッサージを行ったりすることで予防できるので、足の関節に痛みや負担を感じた際はそれらを積極的に生活に取り入れることが望ましいですね。

また、足の関節痛を伴う病気にはリウマチや痛風など関節のトラブルが直接の原因ではないものもあります。

これらの病気の場合は対処法が異なってくるので、自分の状態を適切に判断し、早めに専門医にかかるようにしましょう。