腰の関節痛の原因・症状・対処法

年齢を重ねれば重ねるほど、起きやすい腰の痛みのトラブル。

「腰が痛くて歩くのがつらい…」

「腰や足に痛みやしびれが…」

など、悩みは尽きませんよね。

生活していく中で負担のかかりやすい腰は老化も早く、非常に多くの人が腰痛を抱えています。

実は腰の痛みのうち、原因となる疾患がはっきりと分かるものは全体の約15%ほどで、残りの85%はどこに原因があるのかはっきりとは分からないものなのです。

そうした原因が分からない腰痛は、多くの場合、加齢や運動不足によって筋肉や筋膜、腰の骨である腰椎などが衰えることで、簡単に傷ついたり、捻挫を起こしたりしやすくなっていることから、痛みを引き起こしているようです。

また、腰の関節痛を伴う疾患の中には、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症など、神経を圧迫して痺れが出るものや、尿管結石など内臓の異常が腰痛として現れるものもあります。

このように腰の痛みは体のサインでもあります。見逃せない腰の痛みとは、実際にどのように付き合っていけばよいのでしょうか。

原因となりやすい疾患やその症状、対処法まで詳しく解説していきます。

腰の関節痛の原因と症状とは?

加齢による腰痛には、主に腰周辺の筋肉などの衰えによるものと、腰の軟骨である椎間板の変性によるものの2つがあります。

私たちの背骨はいくつもの骨がブロック上に重なり、横から見て緩やかなS字のカーブを描くような形をしています。

この背骨のうち、下の5つのブロックを腰椎といい、腰の骨はこの5つのブロックを指します。

背骨のブロックとブロックの間には椎間板と呼ばれる軟骨組織が挟まっていて、背骨が曲がる上で骨と骨が直接ぶつかり合わないようにクッションの役目を果たしています。

私たちがスムーズに腰を曲げたりひねったりできるのは、この椎間板があるおかげなんですね。

しかし、この椎間板は老化が早く、25歳を過ぎた頃から少しずつ衰えはじめ、35歳を過ぎる頃には水分が減少して、軟骨としての弾力性が失われていきます。

そのため、椎間板は少しずつすり減っていき、骨と骨とがぶつかる衝撃を和らげられなくなり、痛みを生じさせたり、骨の変形を引き起こしたりしてしまいます。

特に高齢の方は、この椎間板が摩耗するだけでなく腰の骨まで変形してしまい、神経を圧迫して、ひどい痛みに痺れが出たりすることもあります。

変形性腰椎症や椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの疾患がその一部ですね。

また、腰の骨や筋肉が衰えることで、腰周辺の筋や筋肉は傷つきやすい状態になっていて、その分痛めやすくなっているので、ぎっくり腰を何度も繰り返してしまう人もいるようです。

また、腰の痛みを伴う疾患には腰以外に原因があるものもあります。

例えば、腰痛を伴う疾患に尿管結石や子宮筋腫など内臓の疾患がありますが、放っておくと非常に危険なので、ただの腰痛だと思わずに自分の症状をよく確認したいですね。

それでは、腰の関節痛を伴う疾患には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

主な疾患とその症状について確認していきましょう。

腰の関節痛が原因となる疾患

変形性腰椎症

主に加齢によって腰椎の間の椎間板が摩耗してしまうことで、腰椎同士がぶつかり変形してしまう疾患です。

軽度の場合、痛みはない無症状なことも多いですが、変形した腰椎は骨棘という骨の棘を作り出し、慢性の腰痛の原因となったり、稀に神経を圧迫して痺れなどの症状として現れたりする場合もあります。

高齢者のほとんどが、程度の差はあれこの変形性腰椎症になっていると言われています。

症状としては、腰のだるさや重さ、朝起きたときに腰が痛み、その後動いていると痛みがなくなるといったものが挙げられます。

変形性腰椎症は、症状が進行すると脊柱管狭窄症へと進行してしまうことがありますから、できるだけ早い段階で腰の負担を軽減し、骨の変形を食い止めることが大切です。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、腰椎を支える椎間板の内部からゲル状の組織が飛び出し、腰の神経を圧迫することで激痛や痺れを生じさせる疾患です。

激しいスポーツや重い荷物の上げ下ろしで腰に負担がかかりすぎたり、老化によって椎間板が変性したりすることが原因で起こることが多いようです。

症状としては、腰や足などの激痛や痺れがよく見られ、下肢の感覚がなくなったり足に力が入らなくなったりすることが挙げられます。

特に、高齢者は足の激痛によって歩けなくなる人も多いようです。

症状が進行すると排尿障害なども起こり、重度の場合は手術となることもあるので、早めの対処が必要な疾患と言えるでしょう。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱管とは、脳から繋がる神経である脊髄が通っている背骨のトンネルのことで、この脊柱管が狭くなって神経を圧迫するのが脊柱管狭窄症です。

腰痛に悩む高齢者の2人に1人はこの疾患だと言われていて、加齢によって腰の骨や靭帯、椎間板などが変性し、主にそれが原因となって発症します。

変形性腰椎症や椎間板ヘルニアなど腰の疾患が悪化して起こることもあります。

最も特徴のある症状は、歩いているうちに腰から足にかけてしびれや痛みが現れ、長く歩けない「間欠性跛行」という症状です。

神経の圧迫される部位によって痛みや痺れの出方は違いますが、少し座って休んだり、かがんだりすると再び歩けるようになることが多いようです。

症状が進行すると安静時にも痛みや痺れといった症状が強くなり、連続して歩ける距離が短くなっていきます。

また、重度になると排尿障害や足の麻痺などの症状が現れ手術が必要になるので、できる限り早めに対処していくことが大切です。

ぎっくり腰(急性腰痛症)

重いものを持ち上げる、中腰から立ち上がるなど、急な動作をしたときに突然ズキンと腰に痛みが走り、動けなくなる…という経験をしたことのある人は少なくないのではないでしょうか。

こうした症状の腰痛を急性腰痛症と言い、ぎっくり腰という通称でよく知られています。

2、3日は痛みのあまり動けないことが多いですが、1週間~2週間ほどで痛みは治まり、普段通りの生活を送ることができるようになります。

ぎっくり腰の原因ははっきりとは分かっていませんが、なりやすい人の特徴として、背筋や腹筋などの背骨を支える筋肉が弱っていたり、運動不足で筋肉や筋の柔軟性が衰えていたりして、ちょっとした動きで腰周りの組織を痛めやすくなっていることが挙げられます。

ぎっくり腰は誰にでも起こる腰痛ですが、何度も繰り返していると慢性の腰痛となって他の疾患に繋がってしまうこともあるので、気を付けていきたいですね。

要注意!腰以外に原因がある疾患

腰痛は主に老化によって軟骨や骨、筋肉などが衰えることで引き起こされることが多いですが、腰痛の中には内臓の疾患が隠れているものもあるので注意が必要です。

例えば、解離性大動脈瘤などの血管の病気、腎結石などの腎臓の病気、尿管結石や子宮筋腫、子宮内膜症、鬱、自律神経失調症などでも腰痛が起こることがあります。

これらは内臓の位置が腰と近いために、臓器の異常が腰の痛みとして現れることが多いようです。

これらの疾患の場合、基本的に腰の痛みだけが症状として起こることは少なく、他にも何らかの症状を伴います。

例えば、腎結石や尿管結石では尿に血が混じる血尿を伴うことがありますし、子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科系の病気では引きつれるような腹痛を伴うことがあります。

他にも、発熱や吐き気、高血圧など気になる症状を伴う場合は、腰の疾患ではない内臓の疾患の可能性があるので、病院で一度詳しく調べてもらうことをおすすめします。

腰の関節痛の対処法

腰の関節痛には、主に老化によって筋肉が衰え傷つきやすくなっていることから起こるものや、骨や軟骨が変形して起こるもの、内臓疾患が腰の痛みとして現れるものなどさまざまです。

二足歩行をする人間にとって、腰は負担のかかりやすい部位でもあるので、腰痛は宿命だと言われるほど身近な症状のひとつです。

高齢になればなるほど腰痛のない人や腰の骨に異常のない人はいない、とも言われるほどです。

腰痛の85%は原因がはっきりしない比較的危険度の低いもので、骨や内臓に異常が認められるものは残りの15%ほどだと言われています。

腰の関節痛のほとんどがそれほど重篤なものではないとはいえ、中には放っておくと手術が必要になる疾患が潜んでいる場合もあります。

そのため、腰痛の症状をしっかりと確認した上で適切な対処をしていくことが必要になります。

それでは、具体的にどのように対処していけばよいのでしょうか。

前項で触れた、中高年で気を付けたい主な4つの疾患について、詳しく説明していきます。

変形性腰椎症

痛みや症状に程度の差はありますが、高齢者のほとんどが変形性腰椎症になっていると言われています。

痛みがひどく歩行や動作が困難になっている場合は、まず安静にして患部の炎症を取り除くことが大切なので、できるだけ早く整形外科を受診するようにしましょう。

整形外科では、痛みを取り除くために、消炎鎮痛剤や神経に直接麻酔薬を注射する神経ブロックなどの治療法が主に取られるようです。

また、腰を冷やすと痛みが増すので、温める温熱療法が取られることもあります。

変形性腰椎症になっている腰は、些細なことでも痛んだりぎっくり腰になりやすくなるので、腰周りの筋肉を鍛えることも重要です。

基本的に安静にしていれば痛みは引くので、手術を必要とすることはありませんが、症状が進行して椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症になった場合は手術となることもあります。

症状を進行させないためにも、腰周りの筋肉を鍛えて骨や軟骨に負担をかけない生活を心がけるといいかもしれませんね。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、腰椎の間にある椎間板が腰への負担により飛び出して神経などを圧迫する疾患です。

そのため、「飛び出した椎間板を取り除く手術が必要なの?」と不安に思ってしまいますが、基本的に飛び出した椎間板は自然と消えるので、ほとんどの場合手術の必要はありません。

発症したら痛みを抑えるための消炎鎮痛剤や鎮痛薬を処方され、安静にしておくという治療が一般的です。

また、コルセットなどで腰への負担を軽減する治療を行うこともあります。

しかし、痛みがひどい場合や下肢に痺れがある場合、または排尿障害がある場合は重度のヘルニアであることが考えられるので、そうした場合は手術で治療を行うこともあります。

椎間板ヘルニアは自然治癒する疾患ではありますが、痛みがなくなっても腰への負担が改善されなければ再発する恐れもあるので、日頃の生活習慣を見直すことも大切かもしれません。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、神経の通り道である脊柱管が狭くなって神経を圧迫することで症状が起こっています。

そのため、脊柱管を広げるために姿勢を矯正したり、神経の血流をよくするための薬を処方したりといった対処をされることもあります。

そうした治療で改善されない場合や、排尿障害、歩行障害がひどく日常生活を送ることが困難な場合は手術によって治療をされますが、手術で完治するとは言い切れないところがあるので、担当のドクターとよく話し合うことが必要かもしれません。

場合によっては姿勢の悪さによる骨と骨のズレなどが神経を圧迫する原因となっていることがあるので、手術をしなくても運動や姿勢の改善で症状が良くなることもあります。

脊柱管狭窄症だけでなく、腰の疾患はある特定の一部分に原因があるというよりは、長年の腰への負担や姿勢の悪さ、腹筋や背筋など腰周りの筋肉の衰えなど複合的な原因で痛みや疾患に繋がっていることが多いです。

少しでも腰への負担を軽減するためにも、日頃から正しい姿勢などを心がけていきたいですね。

ぎっくり腰(急性腰痛症)

ぎっくり腰のほとんどは、最初こそひどい痛みで動くこともできませんが、数日から数週間で痛みはなくなり元のように動けるようになります。

「完治するまでは安静に過ごしたほうがいいのでは…」と思いがちですが、実はぎっくり腰は安静にし過ぎるよりも早い段階で動いたほうが治りが早いことが最近の研究で分かってきました。

安静にし過ぎると、その分腰の筋肉を使わないことに繋がってしまうので、筋肉が硬直して柔軟性や筋力が衰えてしまい、かえって症状を長引かせたり、ぎっくり腰になりやすい腰になってしまったりすることがあります。

動けないほどの痛みがある間の無理は禁物ですが、痛みが軽くなってきたらできる限り普段通りの生活を心がけましょう。

マッサージやストレッチ、入浴などは筋肉の緊張を緩めて血行を良くするので、症状を改善する効果もありますが、痛めた場所や、痛みの程度によっては悪化させてしまうこともあります。

自分の状態とよく相談しながら、動かす範囲を決めていくといいかもしれませんね。

腰の関節痛を予防するには

腰の関節痛を予防するには、日頃から腰に負担をかけすぎない生活を送ることが大切です。

そのためには、日頃の姿勢の見直しやストレッチなどでの筋肉の強化や柔軟性の向上、運動不足や肥満の改善なども心がけていきたいですね。

特に、腹筋や背筋などの筋肉は年齢とともに衰えていくので、日頃から意識して柔軟性を保ち、筋肉を鍛えていく必要があります。

腰周りの筋肉におすすめのストレッチは、寝転んで膝を抱え込むストレッチと、うつ伏せから上半身をゆっくりと起こすストレッチです。

寝転んで膝を抱え込むストレッチは、両手で両足の膝を持ち、ゆっくりと腰を伸ばすように膝を胸に近づけていきます。

腰が伸びているな、気持ちがいいな、と感じるくらいがいいかもしれませんね。

うつ伏せから上半身を起こすストレッチは、まずうつ伏せで全身の力を抜き、背筋をするような形で足を浮かせずに上半身をゆっくりと反らしていきます。

背中とおしりの筋肉に効果のあるストレッチなので、その部分に力が入るようイメージしてみてくださいね。

どちらも1日数回に分けて行い、1回に5セット程度を目安に行うといいですよ。

また、椅子に座ったまま上半身を前にゆっくり倒し、深く前屈してリラックスした後、体を起こして首や肩などを回して筋肉を解すストレッチもおすすめです。

ここで紹介したストレッチは腰の健康に効果の期待できるものですが、痛みがあるときに無理をするとかえって悪化させてしまうことがあります。

痛みがある場合は決して無理はせず、自分の体に合わせて適度に動かしていくようにしましょう。

腰の関節痛は長く付き合っていく症状ですから、うまい付き合い方を見つけて健やかな生活を送りたいですね。

まとめ

「人間の宿命」と言われるほど身近で悩まされやすい腰の関節痛。

加齢による腰の関節痛は、主に腰周辺の筋肉の衰えによるものと、腰の軟骨である椎間板の変性によるものの2つがあります。

腰痛の85%は原因がはっきりしない、ぎっくり腰などの比較的安全な腰痛だと言われていますが、しびれを伴ったり痛みが1ヶ月以上ずっと続くなどの場合は、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など骨や神経に異常がある疾患の可能性もあるので注意したいですね。

また、血尿や発熱などの別の症状を併発しているときには、尿管結石や腎臓の病気など内臓疾患による腰痛であることも考えられます。

自分の症状をよく確認した上で、心配な場合は一度病院を受診するなど適切に対処していきましょう。

腰の軟骨である椎間板は老化が早く25歳過ぎから衰え始めるので、加齢による腰痛は、避けられない老化現象のひとつとも言われます。

とはいえ、いくつになってもできるだけ自分の力で歩きたいものですよね。

腰の関節痛は、腰周りの筋肉を鍛えたり柔軟性を高めたりして、傷つきにくい筋肉にするだけで改善することも多くあります。

腰の痛みと上手に付き合っていくためにも、日頃から腰に負担をかけすぎない生活を心がけ、普段の姿勢の見直しやストレッチによる筋肉の強化、運動不足や肥満の改善など、できる範囲で生活に取り入れていくといいかもしれませんね。